パリ展 出品作品のご紹介♪

  • 2017.10.29 Sunday
  • 21:00

 

 

先日パリで開催された日本人作家達の展覧会。

今日は私がどんな作品を出品したのか? 

ご紹介させて頂きますね。

 

 

会場はパリ4区(マレ地区)で、すぐそばには総合文化施設

ポンピドゥーセンターもあり、若者も多くファッションやサブカルチャーの

中心地として知られています。

 

 

そんな立地で開催されたプロアマ問わない日本人作家だけの展覧会。

 

 

私はカルトナージュで運営会社の方から声をかけて頂き、こちらの作品を

出品させて頂きました。

 

 

ありがたいことに、私の作品は出入り口の真横、外から良く見える場所に

飾って下さっていました。

 

 

 

 

 

『秘密の宝石箱』

 

向かって左側は6月のビジャー先生の作品展にも出品させて頂いた作品。

今回はそれとセットとなる宝石箱を新たに制作し、出品させて頂きました。

 

 

 

 

下の段は引き出し、上段は中央の格子の仕切りを取って使用することも

出来ます。

 

 

 

いつ頃手元に戻ってくるのかわかりませんが、年内に戻ってくるといいなぁ。

 

 

今回、お世話になりました株式会社クオリアートの皆様、記念に残る

素敵な機会を与えて下さりありがとうございました!

 

来年1月にもまたお世話になりますが、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

Atelier MarquiseのHPはこちら!  → http://ateliermarquise.com

 

 

秘密の宝石箱 #2

  • 2017.07.05 Wednesday
  • 08:13

 

 

今日は前回の続き、秘密の宝石箱 #2です♪

 

今回は最後までご紹介させて頂くので、ちょっと長くなりますがお付き合い下さい☆

 

 

この宝石箱は3分割出来る、というところをご紹介し、

 

 

 

こちらの蓋を開けた状態の画像で、内側は次回、とさせて

頂いておりました。

 

 

 

 

今日は内側をご紹介させて頂きますね。

 

 

 

まず、結んだリボンをどかすと、中央奥の部屋にはちょっとした物入れ、

その両サイドは指輪挿し、となっています。

 

 

 

中央のキラキラパーツで縁取った箇所のつまみ金具を引っ張って頂くと、、、

 

 

 

折り畳み式の鏡が登場!

 

 

独立タイプなのでお好きな場所に移動しご使用頂くことが出来ます。

 

 

 

そして、本体に戻り、、、

 

手前のベージュのリボンをつまみ、リッドを開けると仕切りのある

収納スペースが登場!

 

 

 

 

 

 

リッドは取り外し可能になっていて、外すとこんな感じ。

 

 

 

更にこの仕切りの箱は取り外すことが可能です。

 

 

 

 

 

こちらの作品ですが、以前、ストーリ仕立てで構想を練った、とお伝えしました。

 

メディチ家のお姫様、『マリア・デ・メディチ』が、

もし17歳という若さで病で命を落とすことなく、親の決めた許嫁と結婚していたら

どんな大人の女性になっていただろう、、、と想いを馳せ制作したもの。

 

 

 

彼女のことを調べていくと、子供の頃から決められた婚約者がいたけれども

他に好きな人がいたのだとか。

親に反対され、その恋は実ることがなかったとか、、、

 

 

 

ということで、、、この宝石箱にこんな仕掛けをしてみました。

 

 

こちらの黒い内底、取り外すことが出来るように手前側に黒いリボンが

目立たないように付いていて(画像では見えませんが)

 

 

 

 

そちらを持ち上げ、取り外すと深さのある秘密の部屋が登場します!

 

 

 

誰にも気付かれることなく、ひっそりと、甘く切ない恋の思い出の品を

大切に閉まい、ふとした時に遠い昔の彼との淡い過去を懐かしみながら

想いに耽る・・・

そんな大人になった彼女を想像して制作してみました。

 

 

 

マリアのようにお姫様じゃなくても、私達が暮らす今の時代でも、過去の思い出を

誰にも知られないようにこっそりどこかに大切に閉まっている、

そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?(笑)

 

 

ということで、何回かに渡り秘密の宝石箱をご紹介させて頂きました。

お付き合い頂きありがとうございました。

 

 

次回は、いっぱい溜まってしまった生徒様の作品をご紹介していきたいと思います!!

 

お楽しみに☆

 

 

Atelier MarquiseのHPはこちら!  → http://ateliermarquise.com

 

秘密の宝石箱 #1

  • 2017.07.02 Sunday
  • 22:05

 

 

先日、外観のみご紹介させて頂いた『秘密の宝石箱』。

 

 

 

今日から、詳しくご紹介させて頂きたいと思います♪

 

 

が、一度にご紹介しきれないので2回に分けさせて頂きますね。

ゴメンナサイ。

 

 

 

 

まず、こちらの宝石箱、上から見るとこんな形をしています。

 

 

エレガントなものが大好きなのでデザインに曲線ははずせません♪

 

 

 

 

そして、この上蓋を取り外し、裏返すとトレーとしてお使い頂くことが可能です。

 

          蓋裏面↓

中央にはキルト綿を入れておりますので、傷付きやすいモノ等を載せて頂けます。

 

 

 

蓋の両サイドにはキラキラパーツ☆

 

 

 

 

こちらは蓋を外した本体。

 

 

次回、内側については詳しくご紹介させて頂きますね。

 

 

 

 

本体ですが、前側に一つ、両サイドに2段の引き出しを設置しました。

 

 

 

サイドの引き出しの形状は、普通の長方形ではなく、手前側が広くなっている

末広がりの細長いデザイン。

 

 

アンティーク調の取っ手、小さくて華奢ですが凝ったデザインで素敵なんです☆

 

 

 

 

そしてこちら、本体の裏側。秘密のポケットです。笑

 

 

中央のリボンが付いている部分は取り外すことが可能で、

旅行等にもご持参頂ける携帯用ジュエリーケースとなっています。

 

 

 

 

 

また、本体の下部は『猫脚のトレー』としてお使い頂けるんです。

 

 

 

 

 

携帯用ジュエリーケース、リボンを外すと・・・

 

 

 

次回に続きます!

 

 

*一部、同じ認定講師F先生に撮影頂いた画像を許可を取り使用させて頂いております。

 

 

Atelier MarquiseのHPはこちら!  → http://ateliermarquise.com

 

 

ご無沙汰しております

  • 2017.07.01 Saturday
  • 10:14

 

 

気が付けば今日から7月!

ブログがすっかり放置状態!!

ごめんなさい。

昨日、体験レッスンにお越し下さった生徒様に、

「ブログってあまりアップされないんですか・・・?」と尋ねられ、ギクっ!!

 

ハハハ、、、。

 

確かに一か月近くほったらかしになってしまってたわ、と反省しきりです。

 

 

早く作品展の続きをご紹介しなくては・・・と思ってはいたのですが

我が家のレニーが手術することになり通院したり、祖母が亡くなったりと

突発の出来事が重なり、ブログまで手が回らなくなっておりました。

 

 

・・・というのは言い訳ですね・・・汗

寝る間を惜しめばアップできたはず・・・泣

 

ゴメンナサイ!! 

 

 

都合がつかず作品展にお越し頂けなかった生徒様の中には、私がどんな作品を出したのか

楽しみにして下さっている方が、ひょっとしたらいらっしゃるかもしれませんものね?!

(いらっしゃるかなー?笑)

 

現在、自宅にレッスンでお越し下さっても実物をご覧頂くことが出来ません・・・。

理由は、お声掛け頂いた今秋のフランスで開催される展示会に参加させて頂くのですが

その作品ともう一作品を作り一緒に展示会本部へ送ってしまったから。

実物は年内までに戻ってくるのかしらん?という感じです。

 

 

ということで、今日はレッスンが入っているので、

取り急ぎ外観だけご紹介させて頂きますね!

詳細は次回!!

 

 

『秘密の宝石箱』です。

 

 

 

Atelier MarquiseのHPはこちら!  → http://ateliermarquise.com

 

作品展 終了しました!

  • 2017.06.05 Monday
  • 22:45

 

 

昨日の日曜日、作品展が無事に終了致しました!

 

初日の金曜日に引き続き、土日も大勢のお客様がお見えになり、大盛況で幕を閉じました。

お越し下さった皆様、お忙しい中、本当にありがとうございました。m_ _m

 

 

お当番で決められていた初日だけでなく、土日もお昼から終了時間まで

お越し下さった方々に出来る限り作品をご紹介させて頂きましたが、

私の長々とした説明を最後までお付き合い下さった皆様、ありがとうございました!

 

また、作品に対しての反応や感想を、多くの方から直接伺うことが出来て、大変貴重な

時間を過ごさせて頂きました。

 

感謝の一言に付きます♪

 

 

 

今回与えられた作品展のテーマは、『姫君の宝石箱』。

 

 

さて、私はどのお姫様をテーマに、どんな作品を作ったのでしょうか?

 

 

 

普段、マリーアントワネットが大好きな私ですが、

今回はルネサンス文化発祥の地、イタリア フィレンツェで

およそ300年君臨したメディチ家のお姫様、

『マリア・デ・メディチ』で作品を考え制作しました。

 

ブロンズィーノ《マリア・ディ・コジモ1世・デ・メディチの肖像》 1551年 油彩/板

フィレンツェ ウフィツィ美術館(彫刻絵画美術館)蔵

 

 

昨年、日伊国交樹立150周年記念として東京都庭園美術館で開催された『メディチ家の至宝』を

見に行った時に、日本初公開となったこのお姫様に妙に惹かれたんです!

 

 

触れてみたくなるような白くもっちりとした滑らかな肌に頬の赤味が際立ち、

生命を感じられるのですが、一方で、何か言いたげな憂いに満ちた目がなんとも寂し気に見え

暫くこの絵の前から離れることが出来ませんでした。

 

17歳という若さで病にかかり、亡くなってしまったマリア。

 

彼女のことをもっと知りたい!と思ったのですが、ネットで調べても情報が少なく、

その少ないネタの中でどうやって作品にしていこう???とかなり悩みました。

 

 

で、、、考え抜いた結果、

 

 

もし、17歳という若さで命を落とすことなく、子供の頃から決められていた

婚約者と結婚し大人になっていたら・・・と、ストーリー仕立てで構想を練り、

『秘密の宝石箱』というタイトルで作品を作ることにしました。

 

 

で、完成した作品は、、、

 

 

 

次回ブログでご紹介させて頂きますね!!

 

 

Atelier MarquiseのHPはこちら!  → http://ateliermarquise.com