作品展 終了しました!

  • 2017.06.05 Monday
  • 22:45

 

 

昨日の日曜日、作品展が無事に終了致しました!

 

初日の金曜日に引き続き、土日も大勢のお客様がお見えになり、大盛況で幕を閉じました。

お越し下さった皆様、お忙しい中、本当にありがとうございました。m_ _m

 

 

お当番で決められていた初日だけでなく、土日もお昼から終了時間まで

お越し下さった方々に出来る限り作品をご紹介させて頂きましたが、

私の長々とした説明を最後までお付き合い下さった皆様、ありがとうございました!

 

また、作品に対しての反応や感想を、多くの方から直接伺うことが出来て、大変貴重な

時間を過ごさせて頂きました。

 

感謝の一言に付きます♪

 

 

 

今回与えられた作品展のテーマは、『姫君の宝石箱』。

 

 

さて、私はどのお姫様をテーマに、どんな作品を作ったのでしょうか?

 

 

 

普段、マリーアントワネットが大好きな私ですが、

今回はルネサンス文化発祥の地、イタリア フィレンツェで

およそ300年君臨したメディチ家のお姫様、

『マリア・デ・メディチ』で作品を考え制作しました。

 

ブロンズィーノ《マリア・ディ・コジモ1世・デ・メディチの肖像》 1551年 油彩/板

フィレンツェ ウフィツィ美術館(彫刻絵画美術館)蔵

 

 

昨年、日伊国交樹立150周年記念として東京都庭園美術館で開催された『メディチ家の至宝』を

見に行った時に、日本初公開となったこのお姫様に妙に惹かれたんです!

 

 

触れてみたくなるような白くもっちりとした滑らかな肌に頬の赤味が際立ち、

生命を感じられるのですが、一方で、何か言いたげな憂いに満ちた目がなんとも寂し気に見え

暫くこの絵の前から離れることが出来ませんでした。

 

17歳という若さで病にかかり、亡くなってしまったマリア。

 

彼女のことをもっと知りたい!と思ったのですが、ネットで調べても情報が少なく、

その少ないネタの中でどうやって作品にしていこう???とかなり悩みました。

 

 

で、、、考え抜いた結果、

 

 

もし、17歳という若さで命を落とすことなく、子供の頃から決められていた

婚約者と結婚し大人になっていたら・・・と、ストーリー仕立てで構想を練り、

『秘密の宝石箱』というタイトルで作品を作ることにしました。

 

 

で、完成した作品は、、、

 

 

 

次回ブログでご紹介させて頂きますね!!

 

 

Atelier MarquiseのHPはこちら!  → http://ateliermarquise.com

 

コメント
コメントする